フライパンや鍋を長く使うためのコツ

テフロン加工を長持ちさせるためには

調理器具の種類と特徴

テフロン(フッ素)加工の魅力

フライパンなどには、現在、多くの種類の物が存在していますが、フライパンの分類の1つに「表面の加工」があります。
そもそもフライパンには、鉄、銅、ステンレス、アルミなど様々な素材のものがありますが、ものによってはその素材が剥き出しになっているものと表面を別のもので覆って「加工」しているものとに分けることができます。
その加工で有名なのが、フッ素加工です。
フッ素加工は「焦げつけにくい」や「汚れがすぐ落ちる」というところが最大の魅力です。
使用しているフッ素樹脂は摩擦係数がすごく少ないため、フッ素樹脂コーティングされたテフロン(フッ素)加工フライパンは表面が滑りやすく、調理はもちろん調理後の汚れも落としやすいとお手入れの容易さも評判です。
また、この加工方法はかなり普及しているため、お手頃価格でスーパーなどの身近な場所でも手に入りやすいのも魅力の1つになっているようです。

自分に合った調理器具の選び方

炒め物は中華鍋、ステーキは鉄フライパン…など本来は、調理するものによって適したものを使えると良いのですが、一般家庭ではなかなか難しいものです。
しかし、お店に行くと大きさや色の違いだけでなく、数多くのフライパンがあり値段もピンキリで迷ってしまいます。
そこで、自分に合ったものを選ぶためのコツを知っておきましょう。
まず最初に優先順位を決めましょう。
丈夫、焦げつかない、安全、見た目、軽さ、レンジ対応など、調理をする人の優先するものが高いものから選ぶのがポイントです。
次に素材とサイズを見ましょう。
サイズは何人前の食事を作ることが多いかで判断し、できれば大きめのメインなものと小さめのサブ的なものがあると便利です。
素材に関しては優先順位とも関係があり、各メリットデメリットを把握した上で選びます。
焦げつかない=コーティング、長持ち・丈夫=鉄、など各素材の特徴を把握し、判断しましょう。