フライパンや鍋を長く使うためのコツ

テフロン加工を長持ちさせるためには

間違った使い方は有害になる

体に与える影響と正しい知識

テフロン加工の技術と利便性については、上記でもたくさん紹介してきましたがその知識と共にもう1つ理解しておいてほしいことがあります。
それは、テフロン加工に使われているコーティング素材の特徴と影響についてです。
焦げつきにくくするコーティング加工としてフッ素樹脂を使用していますが、このフッ素樹脂は、熱に強い、くっつかない、滑りやすいなど様々な特徴がありますが、摩擦係数が少ないため金属と密着することができず、PFOA(パーフルオロオクタン酸)という助材で密着させています。
そのPFOAとは人工化合物質のため、この自然界には存在せずまた自然界での分解が難しいとされていることから、人体への影響並びに環境汚染物質として懸念材料となっています。
海外でも、このPFOAの発生を低減する自主規制に取り組んでいるようですが、テフロン加工が日常に浸透しすぎていて有害と言われてもピンと来ないのも現状です。

調理する上で1番注意すべきこと

テフロン(フッ素)加工のフライパンは、焦げつきにくく、汚れも落としやすいことから便利であると多くの人が選んで使っています。
しかし、その特徴を維持するためにはお手入れ方法や調理方法にも注意点がありました。
便利なものを安全で快適に使用するためにここでは、それ以外に1番危険であり絶対にしないでほしいことをお伝えします。
それは「空焚き」です。
調理時の注意点としてもお伝えしましたが、加工に使用されているフッ素樹脂は耐熱温度が低く、高温になると有毒ガスになります。
調理器具の耐熱温度が低いこと自体に驚く方もいると思いますが、テフロン(フッ素)加工のフライパン説明書には、強火調理に注意と明記されています。
通常の炒め物、焼き物、揚げ物の使い方であれば、最高温度の180度を超えることはありませんが、空焚きは一気に最高温度を超え有害ガスが発生しますので、絶対に避けましょう。